よくある質問 - UANGO | 玄米食プログラム

よくある質問

  • A
    「美味しくない」というイメージの玄米ですが、圧力をかけて炊いた玄米はもちもちとした食感でとても食べやすく「美味しい」と実感される方が多いです。プログラムの中では玄米の美味しい食べ方や、毎日の生活に楽しく玄米食を取り入れる工夫をお伝えします。プログラムを通して玄米食を体験し、負担なく玄米生活を続ける第一歩をサポートします。
  • A
    プログラムは毎週月曜日スタート~金曜日終了でご案内をしておりますが、土日を含めた日程もご相談可能です。開始日程に迷われている方は、お気軽にLINEにてメッセージをお送りください。
  • A
    最大限効果を実感頂くために1日3食玄米をお召し上がり頂くことを推奨していますが、一日2食(朝晩に玄米食)のご参加も可能です。『5日間の玄米食プログラム(15食)』の他に『5日間の朝晩玄米食プログラム(10食)』のご用意もございますので、こちらもご検討ください。
  • A
    玄米食プログラムは一定期間、余計なものを摂取せずそぎ落とすことで効果を実感頂けます。外食を挟むと胃腸がリセットしてしまうため、極力外食のご予定が入らない週をお選びください。プログラム中に急な外食が発生した場合はLINEサポートでご相談頂ければ食べ方のコツなどをお伝えします。
  • A
    玄米食プログラムは断食などと違い3食しっかり食べるプログラムのため、医師から処方され服用しているお薬を止める必要はありません。ご心配の場合は医師にご相談の上ご判断ください。
  • A
    プログラムキットに三年番茶(20杯分)をお送りさせて頂きます。その他ご自身でご用意される場合は、ノンカフェイン、ノンカテキン、国産、無添加のお茶を選んでお飲みください。
    例えばルイボスティーなどのハーブティー、ほうじ茶などをおススメしております。またはデザート代わりやドリンクとして玄米甘酒も大丈夫です。
    コーヒーはカフェインが含まれるため、プログラム中は摂らないようにすることを推奨しております。UANGOのプログラムでは身体に刺激があるものを摂取しないことで、胃腸を休め身体を内側からスッキリさせることを目指します。これによってさまざまな不調が改善されますので、この期間は消化に負担の大きいお酒やカフェインを含むものなどはお控えください。
  • A
    玄米食プログラムは「余計なものを食べない、身体に入れないこと」が大きな効果を生みますのでサプリメント、プロテインは飲まないことを推奨しています。
  • A
    玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養素が豊富に含んだ「スーパーフード」。白米と比較してGI値が低く、食後の血糖値上昇が緩やかなので、食後に急激に眠くなってしまうことや、空腹で間食をしてしまうことも避けられます。食物繊維が豊富なためお通じも安定し、身体の内側からキレイに。忙しい人にこそ、食べ続けてほしい食品です。
  • A
    UANGOがお届けする玄米は常温保存可能で持ち運びも簡単なレトルトパックのため、お出かけ先や職場でも手軽に食べて頂くことが可能です。またプログラム初日に予定している「お味噌玉講座」では、お湯を注げばすぐに美味しいお味噌汁が出来るお味噌玉を講師と一緒に作ります。プログラム中だけでなく、終了後も無理なく健康的な食生活を維持できるような内容をお届けします。